地域密着型プロモーション

地域密着型セールスプロモーション

Design Office ARTOP & Doaplans

HOME ||> 販売促進支援 > 地域密着型セールスプロモーション

女性・起業とブランディング & WEB

地域密着型SPの基本概念図

地域密着型SPの基本概念図
(C) Copyright S.mitoma 1999


●地域密着はWEBビジネスの基本

時代の底流は「個性化」へ向かう?

高度成長時代からバブル期を経た今日、ビジネスの底辺には、BtoBといわれる企業と企業の取引から、BtoC、すなわち企業と一般顧客との直接取引への変化がありました。
企業向けの運送業から、誰もが反対した一般家庭向け小口宅配へと大転換して成功したクロネコヤマトの宅急便がよい例です。
そして現在、インターネットの広がりは、PtoPといった個人対個人の取引への変化を促しています。
結局のところ、時代の流れは「個性化」に向けて大きなうねりをみせているのです。

ネットも地域密着も基本は「個性化」

「地域密着型プロモーション」は、そんな「個性化」に対応した販促の考えです。
国際標準やインターネットの時代に地域密着? そう考えられるかもしれません。
表面をにぎわす流行やヒットのカゲには、必ず逆の現象が起こっているものです。
実際、やってみれば分かりますが、販売者の姿が見えない、またお客様の姿が見えないインターネットほど、商売の誠実な基本が求められるものはありません。
結局のところ、地域密着もインターネットも、展開の分野が異なるだけで、今後のビジネスの基本となる「個性化」の考えが必要だといえます。


《すべては事業者の「人柄・理念」から始まる》

《概要説明》

■人柄・理念

地域密着型SPは、「人柄・理念」にポイントがあります。
地域や顧客に密着すればするほど、ごまかしが効かなくなるからです。
自分と自分のお店や企業が、地域やお客様の役に立とうとすることが第一歩です。
顔が見えないインターネット・ビジネスであるほど、誠意が必要になってまいります。

■顧客・密着

地域密着が、顧客との密着になるのは当然です。
ただプライバシーへの密着ではなく、プライバシーに触れない購買動機やニーズの微妙な変化を、日常の中で把握し教えていただくという意味での密着です。
インターネットは、顔を合わせて会話がない分、顧客対象の動向キャッチには、気を配り続けなければなりません。

■情報・提案

自社の業界や、商品の正しい情報を提供できるのはもちろんです。
今やビジネスは、「商品」というモノを売るのではなく、生活の提案が求められているということです。
安心で豊かなライフスタイルへの情報など、プロとして幅広い生活創造の提案やアイデアが必要になってきました。

■限定・商圏

地域密着やインターネット・ビジネスは、よほど体力がある大企業や、シェアトップの商品でないかぎり、商圏や客層、販路や手数を絞ったアプローチから丁寧に始めなければなりません。
お客様一人ひとりに、誠意をもって対処し、貢献できる範囲のビジネスでなければ、かえってパワーが分散したり、結果的に採算がとれなくなってしまいます。

■専門・商品

自分や自社が持っている個性や感性や技術の延長が、商品となっていきます。
お客様とは「商品」を媒介にした、人間と人間のつながりだという発想です。
地域密着型SPやインターネット・ビジネスの本質は、「商品」という物流だけではなく、一期一会にせよ他者(他社)にない個性の総合力だからです。

■個客・対応

お客様を「大衆」とみるのではなく、一人ひとりそれぞれのライフスタイルや嗜好を大切にする「個客」として、細かな気配りの行き届いた接客や対応をすることです。
PRを「パーソナル・リレーション」と捉えて、友愛的な感覚での個客対応を、日常生活の中で行なうことが営業宣伝の本質です。
「個性化」の時代は、ともに豊かである精神的なビジネスが栄えていきます。


基本概念図6つの要素の関係性


地域密着型要素の関係

1、
黄色の三角形は自社の内部要素を、青色の逆三角形は外部要素を表わします。
2、
上半分の3つは対人的な要素を、下半分の3つは対物的な要素を表わします。
3、
右半分の4つは調査企画の要素を、左半分の4つは営業販売の要素を表わします。
4、
全体は「人柄・理念」から始まって時計回りに自他のリズムで進み、「専門・商品」を通じて、最終的に「個客・対応」によりビジネスの関係を築きます。
5、
正逆2つの三角形の3つの要素は、2つが整えば他の1つを成長または補うことが可能です。
6、
対極にある要素は、それぞれに対関連する内容を含んでいます。



Copyright (C) Design Office ARTOP & Doaplans All Rights Reserved. 1999-2008